ゆがんでませんか?

採用と人材育成の専門家上薗です

上司が最近自分によそよそしい気がする。

友達のLINEへの返信が今までより遅い気がする。

そんな時、あなたはどんな気持ちになりますか?

何かミスをしてしまったのか?

何か嫌われるようなことをしてしまったのだろうか?

そんな不安に駆られるかもしれません。

不安に駆られると、いろいろな考えが思い浮かぶと思います。

あの時にしたミスに対して、許してもらってないのかもしれない。

あの時に言い返してしまったことが、悪い印象になってしまっているのではないか。

あの同僚が私の悪口を言っているのかもしれない。

だから、上司の態度がよそよそしいんだ、今度のボーナス査定は悪いかもしれない。

この前送ったLINEが気に入らなかったのかな…

なんで気に入らなかったんだろう…

そもそも、先に結婚した私をひがんでいるのかもしれない。

少し、結婚式の話をしすぎたんだろうか…

その現象を説明するための情報をどんどん探してしまう、そんなこともあるかもしれませんね。

でも、本当にミスについて、上司はあなたのことを許していないのでしょうか。

言い返したことについて、上司は根に持っている確証はありますか?

同僚が、あなたの悪口を上司に言っていた場面を見たのでしょうか。

LINEの内容が気に入らないと友達がいったんでしょうか。

結婚したことをひがんでいる、その根拠はありますか?

こういったことをイラショナルビリーフ、と言います。

認知のゆがみといって、誰にでも一定程度あるものです。

確証がないこと、事実ではないことも含めて情報として取り入れてしまっており、物事の認知がゆがんでしまっていることを指します。

イラショナルビリーフは、人とのコミュニケーションを障害することがあります。

自分は嫌われている、よく思われていない、だからあの人とは距離を置こう、かかわるのをやめよう、一緒に働くのもやめた方がいいかもしれない……そんな風に、思考が発展してしまって退職を選ぶ人もいるかもしれません。

また、何よりそのような状況で、その場で働き続けるのはしんどいですよね。

認知行動療法の中には、このようなイラショナルビリーフに対して対応するプログラムが組まれています。

リフレーミングという方法を用いて、その認知のゆがみに気づいてもらう。

その歪みに気が付けば、本人自身が少し楽になることができるのです。

生活も、仕事も、本人にとってできるだけ過ごしやすい場所であると、安定して過ごすことができます。

そんなお手伝いができればと思います。https://onlinecare.jp/program/careersoudan/

記事一覧

  1. 医療専門職の働き方を考える

  2. REHABxEducationsのこころ-学生教育①:患者さまを改善・回復させるセラピストを育てる

  3. えひめセラピスト オンライン講座 講師紹介⑤

  4. 【管理】学習のためのオススメ時間管理!(その2)ポモドーロ・テクニックの6つのステップ

  5. えひめセラピスト オンライン講座 #2のプレ講座を開催!

  6. コロナ禍の不調を吹っ飛ばせ!

  7. 【最終回後編】ドリカム

  8. 医療従事者のスキルアップ②

  9. 画家、陶芸家、音楽家として患者さまの未来を創造する!

  10. 「習慣の力」-毎日の行動の40%は習慣!

  11. 小児の吃音症の自然治癒の謎

  12. 【学習】勉強で挫折しないための4つの方法

  13. 【社会】「イノベーション」と「リノベーション」(その1)

  14. 【評価】悪化しているのか?改善しているのか?

  15. ことばはどう育てるの?

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。