特定の場面で声が出にくいという声の病

皆さん、こんにちは。

声とことばのオンライン治療研究所の井上です。

今日は、声の病について話そうかと思います。

よく知られた声の病気については沢山ネットにあるので、

ここでは、あまり知られてない声の病気について話そうかと。

それは、特定の場面で声が出にくくなる発声障害について。

声がつまる、声が震える、声が嗄れる

プレゼンの場面や電話場面、自己紹介や面接の場面だったり様々・・・

このテーマに関しては、私は2013年頃からずっと学会でもこだわって発表しているテーマです。

というのも、このことについて教科書にもあまり書かれていないのです。

海外の文献も、少しだけありますが、まだまだ解明されていないテーマです。

もちろん、私も解明できたわけではありませんが、全体像は見えてきております。

特定の場面での発声障害(以下、場面型発声障害)の方の多くは、病院の医師や専門家に相談に

来ているときは症状がでないことが多いのです。

最初のころは精神的な問題なのでは?と思ってましたが、どうやら違うようです。

(もちろん、2次的に心の病が引き起っている方もいらっしゃいます。)

なぜか。。。

一つのポイントとして(ここが大事)

考えられることとしては、専門家に相談しているのだから、この症状を聞いてもらいたいという意識

逆に特定の場面では、できるだけその症状がでてきてほしくないという意識

この2つの違いがまずあるのだと思います。

専門家に相談する安心感

症状がでるかもしれないという恐怖感

このことを踏まえたうえでの治療展開が大事なんですよね。

今日はここまで。

それではみなさん Have a nice day!

声のご相談は下記のURLからお申込みください。

声のオンライン相談窓口(40分) | 声とことばのonline therapy研究所 (base.shop)

申し込む前にメールをいただけるとスムーズです。

aozora_abiko@yahoo.co.jp

 

 

 

 

 

 

 

 

記事一覧

  1. 【極秘】歌手がつけているイヤモニの弊害を考える

  2. チャレンジのこと

  3. 対応のこと さんっ

  4. 【Youtuber】よーいドン!

  5. めだかの会のこと

  6. 【癒し】自然がリハビリにもたらす効果

  7. 口のこと

  8. 積み重ねのこと

  9. 牛乳パック椅子のこと

  10. ポジショニング?シーティング?

  11. 【挑戦】リハビリ無料化について考える

  12. 連携ノートのこと

  13. 【解明】日記は書いたほうがいい

  14. モノに人を合わせるのではなく、人にモノを合わせる

  15. 装具のこと に~

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。