特定の場面で声が出にくいという声の病

皆さん、こんにちは。

声とことばのオンライン治療研究所の井上です。

今日は、声の病について話そうかと思います。

よく知られた声の病気については沢山ネットにあるので、

ここでは、あまり知られてない声の病気について話そうかと。

それは、特定の場面で声が出にくくなる発声障害について。

声がつまる、声が震える、声が嗄れる

プレゼンの場面や電話場面、自己紹介や面接の場面だったり様々・・・

このテーマに関しては、私は2013年頃からずっと学会でもこだわって発表しているテーマです。

というのも、このことについて教科書にもあまり書かれていないのです。

海外の文献も、少しだけありますが、まだまだ解明されていないテーマです。

もちろん、私も解明できたわけではありませんが、全体像は見えてきております。

特定の場面での発声障害(以下、場面型発声障害)の方の多くは、病院の医師や専門家に相談に

来ているときは症状がでないことが多いのです。

最初のころは精神的な問題なのでは?と思ってましたが、どうやら違うようです。

(もちろん、2次的に心の病が引き起っている方もいらっしゃいます。)

なぜか。。。

一つのポイントとして(ここが大事)

考えられることとしては、専門家に相談しているのだから、この症状を聞いてもらいたいという意識

逆に特定の場面では、できるだけその症状がでてきてほしくないという意識

この2つの違いがまずあるのだと思います。

専門家に相談する安心感

症状がでるかもしれないという恐怖感

このことを踏まえたうえでの治療展開が大事なんですよね。

今日はここまで。

それではみなさん Have a nice day!

声のご相談は下記のURLからお申込みください。

声のオンライン相談窓口(40分) | 声とことばのonline therapy研究所 (base.shop)

申し込む前にメールをいただけるとスムーズです。

aozora_abiko@yahoo.co.jp

 

 

 

 

 

 

 

 

記事一覧

  1. 成人の吃音症は治る?!

  2. 【最終回後編】ドリカム

  3. 小児の吃音症の自然治癒の謎

  4. 登壇の思い出とこれからの決意~TEDxFukuoka2015

  5. 「精神科理学療法を知ってください!」開催しました

  6. 新☆リアルで出会うリハビリ!!

  7. 相容れないものと暮らすこと

  8. 吃音症は治るのか?

  9. 睡眠の専門家

  10. 【ドロップアウト】成功体験の確認作業

  11. 【評価】悪化しているのか?改善しているのか?

  12. モノに人を合わせるのではなく、人にモノを合わせる

  13. 【癒し】自然がリハビリにもたらす効果

  14. PT・OTの勉強会に行ったほうがいい。 -ST向け記事ー

  15. 患者さんとの信頼関係は必要か?

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。