Viva Italia!-parte 001

こんにちは、REHABxEducations のコージーニ先生です。
Blog書き始めて、ようやく10日目を迎えました。
毎日書いてる少しずつのblog が、なんだか僕の日常の一部になってきました。
仕事のこと、他愛もないことを綴ってますが、立ち止まって読んでみください。
気に入って「読者」になってもらえるとうれしいです。よろしくお願いします。

昨日までの3日間は、僕の仕事の内容の一部である「感覚(その1その2その3」をアップしました。読まれていない方は、「その1」から読んでもらえるとうれしいです。
今日は、仕事から離れて僕の大好きなイタリアについてお話ししたいと思います。最後には、ちょっとしたイタリア語講座もおまけでつけちゃいます!

と言うことで、今日のお題は、「大好きなイタリア」です!

イタリアに限らず(イタリア大好き!って言っていながら…笑)、世界のさまざまな人たちと交流するのは実に楽しいものです。旅行好きなので、これまでに近くはアジア諸国(3)から、東南アジア(3)、西はヨーロッパ諸国(6)、南東はオセアニア(1)、ポリネシア(1)まで、14か国を旅しています。その中でも、1年間留学していたイタリアについていろいろお話しします。

「Mangiare(食べる)」「Cantare(歌う)」「Amare(愛する)」

イタリアではこの3語を使えると生きていけます。これ、仲良しのイタリア人が言っていたからまんざら嘘ではないかな!本質的には、「食べよ!歌えよ!愛せよ!」ってことで、イタリア人の価値観を表現しています。

2002年4月から1年間イタリアに住んでいたわけですが、遊びに行っていたわけではなくて、リハビリテーション(英語 rehabilitation, 伊語 riabilitazione)のお勉強に行かせてもらいました。昨日まで書いていた「感覚(英語 sensory, 伊語 sensoriale」についてもこの1年間で相当学習しました!

渡伊後の3か月は 、フィレンツェ Firenze(英語 Florence)に住んで、サンタ・マリア・ノベッラ駅 Santa Maria Novella stazione 近くの語学学校に通いました。イタリア語はどの国の人たちにも人気の様子で、僕の参加したクラスには、スウェーデン、フィンランド、フランス、メキシコ、韓国、中国、イスラエル等から勉強するためにやってきてました。毎日、授業中はもちろんイタリア語で、休み時間やBarでは英語や各国のことばで会話を楽しみました。

日本語への関心の高さにも驚かされました!

特に「漢字」は不思議なデザインだと言ってたし、彼ら、彼女らの名前を漢字で書いてあげると、とても喜ばれました。そんな、フィレンツェでの日常をこれから綴っていきますね☆彡

このまま書き続けると、相当長くなりそうなので、今日はここで一旦ストップ!
興味をもって読み進めてくれた方のために、つづきは明日か、来週の同じ曜日に書きたいと思います。いっそ、土曜日は「イタリア曜日」にしようかな…

僕の “REHABxEducations” の根幹を構築する話なので、今後もイタリアやイタリア人、イタリアの映画、研修先での出来事や街並みなどを少しずつ話していきますね。きっと、あなたの “人生 la vita” に役立つ情報になると思います。乞うご期待!
それでは、また明日…Ciao☆彡

riepilogo di oggi 010 ]
・今日から「大好きなイタリア」の話をする「Viva Italia!」を始めました!
・今回からの「Viva Italia!」は毎週土曜日の週刊記事にします!
・今後どんな話しが待ち受けているか楽しみにしててくださいね!
 皆さんのイタリアのイメージが知りたいな☆彡

※riepilogo di oggiは、英語でtoday’s summary、日本語では“今日のまとめ”のイタリア語です!

[ ちょっとイタリア語講座!001] ※英語とともに学習しよう!
まずは、挨拶から!
・おはよう(英語 Good morning, 伊語 Buongiorno
・こんにちは(英語 Good afternoon, 伊語 Buon pomeriggio
・こんばんは(英語 Good evening, 伊語 Buonasera
ちょっと小耳ネタ!
・ブログ中に書いた「Mangiare!Cantare!Amare!」なんだけど、日本人はとても間違えて使っています。最後の「Amare!(アマーレ)」を「Amore!(アモーレ)」って言ってる人をたくさん見かけますが、この3語を使うなら、正しくは「Amare」です。

記事一覧

  1. なぜ集団体操の内容は〝マンネリ化″するのか?

  2. 医療専門職の働き方を考える

  3. えひめセラピスト オンライン講座 講師紹介④

  4. KIMI式モビバン体操・オンライン祝開始

  5. 自分らしい暮らしってどんなだろう?

  6. 嚥下評価あるある!

  7. 失語症

  8. 【最終回後編】ドリカム

  9. 相手に期待をする、ということ

  10. 相容れないものと暮らすこと

  11. えひめセラピスト オンライン講座 講師紹介③

  12. ことばを話すための”からだ脳”

  13. えひめセラピスト オンライン講座を企画したワケ

  14. 【ドロップアウト】成功体験の確認作業

  15. ONLINE CAREに参加した理由

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。