伝えるのこと に~

「伝える」にはどんな方法があるでしょうか?

言葉で、態度で、目線で、雰囲気で・・・・・

考えればいろんな方法が浮かんできます。でも一番大切なのは

その子にちゃんと「伝わる」方法ですね。

色々試してみないと分かりません。

やってもらいたいことを絵にしてパウチするのは結構使えます。

自閉症スペクトラムの子によく使う写真や絵も、実は幼児さんなどにも使っていますね。

その証拠に、そういう年齢の子向けの絵本は活字が無く、絵や写真ばっかりですから。

だから、絵や写真を使ったコミュニケーションをとることが、自閉傾向だとか、知的に・・とか

考えることは無いかと思います。

「伝わる」ことが解かって楽しく、幸せに暮らしていかれればいいことですから。

記事一覧

  1. ポジショニング?シーティング?

  2. リモートのこと

  3. 無料から有料まで!ご要望別・インテリアリハビリテーション®の学び方

  4. 次につながるのこと

  5. 対応のこと いち!

  6. 相容れないものと暮らすこと

  7. 秋のこと

  8. 特定の場面で声が出にくいという声の病

  9. 子供の学びと睡眠

  10. 対応のこと さんっ

  11. 買い物のこと

  12. おもちゃの選択のこと さんっ

  13. こどもの運動神経の正体とは?

  14. シーティング

  15. 手抜きのこと

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。