伝えるのこと

今日はセラピスト向けの基本的なこと。

「伝える」です。

お母さんたちに説明し、子ども達に効率の良い動き方や自然な動作を運動学習してもらうためには

「こうしたらいいよ」「こうしてごらん」で実行してくれたらとっても楽です。

でもそれではほとんど伝わりません。

だから、あれこれと対策を練って(雰囲気、声色、おもちゃ、環境、実際にやる、見せる、誘導する・・・・・・)

そうして「伝え」ようとするわけです。

それでも伝わらない!!!その時はどうするか?

それでも「伝える」努力をするのです。

だって、伝えたいのは私たちですから!!

私たちが諦めたら絶対に伝わりません。

記事一覧

  1. ルーティンにするのこと さんっ

  2. 【癒し】自然がリハビリにもたらす効果

  3. 登壇の思い出とこれからの決意~TEDxFukuoka2015

  4. ちょっとのこと さんっ

  5. 大好きなこと

  6. 【タイムマシン】吃音の悪化要因からリハビリを考える

  7. 対応のこと さんっ

  8. 【最終回前編】一人親支援をしたい

  9. 股関節のこと

  10. ちょっと忙しいんですのこと

  11. こどもの運動神経の正体とは?

  12. 福山型筋ジストロフィーのこと

  13. 【極秘】歌手がつけているイヤモニの弊害を考える

  14. 口のこと

  15. 吃音症は治るのか?

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。