登壇の思い出とこれからの決意~TEDxFukuoka2015

みなさま、ごきげんよう!
「インテリアリハビリテーション®」ケアに活かす環境づくりの専門家
池田由里子です。

フェイスブックの”過去の思い出”で
5年前の今頃、TEDxFukuokaに登壇した記事があり
なつかしく思い出しています。

『つなげ、つながる、価値の創造 – INTERIOR REHABILITATION | Yuriko Ikeda | TEDxFukuoka』

医療福祉施設におけるインテリアリハビリテーション®というアイデアを
皆様にご提案させていただきました。

理事長先生、院長先生、事務長様、など経営者の方がずらりとならぶ会議室で
インテリアデザインのプレゼンをしたり
講師、講演の仕事で数百人の皆様の前でお話をしたり
それなりに経験はしてきたつもりでしたが
その緊張感たるや
TEDxの舞台はまったく異なるものでした。

前日のリハーサルでガチガチになっている私に
スタッフの方が声をかけてくださったその言葉は忘れられません。

「自分がどんな~Will(意志)~で臨むのか、
それを心においてアンカーを下して対応すれば大丈夫です。
“気楽”にいきましょう、公園の散歩と同じです」

同じ年、2015年の登壇者には
今をときめく落合陽一さんもいらっしゃいました。
魔法使いのようなお衣裳で、マリメッコの布バッグを下げていらっしゃったことが
印象深く忘れられません。

また数年後、年末のNHK紅白歌合戦を何気なくみていると
けん玉ギネスに挑戦している演歌歌手の方がいらっしゃいました。
そこにいたケンダマンさんも、2015年の登壇でご一緒していました。
華やかで素晴らしいパフォーマンスは圧巻でした。

他の登壇者の方も素敵な方ばかりで
それぞれがご自身のアイデアを熱く語っておられて
あの場に一緒にいれたことが本当にありがたく、今も感謝の気持ちでいっぱいです。

私はプレゼンテーションの最後で
次のように約束しました。

想像してみてください。

あなたが、あなたの大切な人が、いつか病院や介護施設で過ごす時。
癒しの空間で、安心して治療に専念できる
家庭的な雰囲気の中で、自分らしく生活できる
・・・そんな環境が当たり前であることを。

私は、施設スタッフの皆さまとともに
あなたのいつかのためにインテリアリハビリテーションを実践し続けます。

あれから5年・・・まだまだ道半ば。
環境づくりをケアに活かすという考え方が当たり前になるように、
インテリアリハビリテーション®をこれからもお伝えしてまいります。

是非、TEDxFukuokaでのプレゼンテーション、ご覧になってください。
よりよい環境づくりの実践に力をお貸しいただければ幸いです。


『つなげ、つながる、価値の創造 – INTERIOR REHABILITATION | Yuriko Ikeda | TEDxFukuoka』

 


オンラインケアでの、過去ブログ一覧は↑こちらから全てご確認いただけます。

【この記事を書いた人】

株式会社リハブインテリアズ 代表取締役 池田由里子(いけだゆりこ)  
「インテリアリハビリテーション®」ケアに活かす環境づくりの専門家
WEB : https://www.rehab-interiors.com
BLOG : https://www.rehab-interiors.com/blog/
twitter : https://twitter.com/yurikoikeda
facebook : https://www.facebook.com/rehab.interiors

記事一覧

  1. 「精神科理学療法を知ってください!」開催しました

  2. 正しい情報こそ腰痛の改善の鍵‼️

  3. モノに人を合わせるのではなく、人にモノを合わせる

  4. プログラム報告

  5. 交代勤務は様々な問題を生じる

  6. 1人ではじめる起業~保育所等訪問支援事業開設サポート~

  7. ライフイベントとキャリアダウン

  8. えひめセラピスト オンライン講座 講師紹介③

  9. 注意が何であるか、誰でも知っているが、説明するのは難しい!

  10. 【ことば遊び】そこに愛はあるのかい

  11. ご成約、いただきました

  12. ことばを話すための”からだ脳”

  13. 【ドロップアウト】成功体験の確認作業

  14. 特定の場面で声が出にくいという声の病

  15. 壊れた窓から何が見えるか

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。