対応のこと さんっ

今回は”笑い”です。

楽しく遊んで、ニコニコするのはいいですね!
そんな笑顔を見られることが私たちの願いです。

でも気をつけないといけないこともあります。
笑うといっても、子どもによっては「困ってしまって」笑いが出てしまうこともあるということです。

例えば、痛いのに笑ってしまったり、疲れ過ぎて笑ってしまったり・・・・

その”笑い”本当に楽しいのか要注意です。

記事一覧

  1. 医療的ケア児の食事指導をしました♪

  2. REHABxEducationsのこころ-学生教育①:患者さまを改善・回復させるセラピストを育てる

  3. 【重要】心を動かすヒント

  4. ゆがんでませんか?

  5. インテリアリハビリテーション®って何?

  6. ことばとからだと脳

  7. 患者さんとの信頼関係は必要か?

  8. 積み重ねるのこと

  9. コロナ禍の中を生きる

  10. 成人の吃音症は治る?!

  11. なの独り言 本のこと

  12. 嚥下評価あるある!

  13. 保育所等訪問支援のこと

  14. えひめセラピスト オンライン講座 講師紹介①

  15. 生存者バイアス

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。