対応のこと にー

ほわ~とした子、チャカチャカした子

刺激の量と質を考えましょう。

ほわ~とした低緊張のお子さんは、子どもが耐えられるだけの、
シャキッとするくらいの刺激が必要です。
音楽だったらややテンポの速いもの。
重さだったらやや重いもの、スピードはやや速いもの・・・・
でも子どもが受け入れられる量と質です。

チャカチャカした子
例えば片まひの子は、片方の手でおもちゃをもって、
同じ手で遊ばなくてはなりません。
・・・忙しいんです。
緊張の高い子は、ぴんと張ったゴムのように
過敏に反応しやすいんです。
だから、刺激なゆっくり、弱く小さく、ほんわりとが基本です。

無いものを補っていくように考えていくといいのですね。

記事一覧

  1. なの独り言 装具・車いすのこと

  2. えひめセラピスト オンライン講座 プレ講座を開催!

  3. あなたの座り方は大丈夫?腰に負担の少ない座り方とは

  4. ちょっとのこと に~

  5. 【最終回後編】ドリカム

  6. 交代勤務は様々な問題を生じる

  7. ひと手間のこと

  8. あなたに必要なのは「感覚」です!(その3)-感覚と運動の切っても切れない関係

  9. KIMI式モビバン体操との出会いは?

  10. なの独り言 おもちゃの選択のこと

  11. 嚥下評価あるある!

  12. 上薗

    自分の経験が邪魔をする

  13. 【社会】「イノベーション」と「リノベーション」(その2)

  14. チャレンジのこと

  15. 腰痛の長期間の改善効果‼️

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。