座るということ

座るというのは”坐骨”が重要です。

座っているときは、坐骨で体重を感じてそこから動きが始まるようにと練習します。

なので、座面はあまりフカフカでは坐骨を感じることが出来ないのである程度の硬さも必要です。

かといって、硬すぎるのもどうでしょう?うーーーん難しい。

なぜ座のクッションにこだわるのでしょう?

第一の理由は痛くなるから!

皆さん想像してください。映画館で映画を見ているときにお尻を何回ずらしますか?

日頃子ども達はそうやってお尻をずらすことが出来ません。

車いすの座面を考えるときにちょっとだけでも思い出してください。

記事一覧

  1. 交代勤務は様々な問題を生じる

  2. 痛みって何?

  3. はじまりは 「HY」

  4. 上薗

    自分の経験が邪魔をする

  5. 医療従事者のスキルアップ②

  6. こどもの運動神経の正体とは?

  7. Youtubeアップしてます。

  8. 無料から有料まで!ご要望別・インテリアリハビリテーション®の学び方

  9. 【管理】授業のための「ポモドーロ大作戦」

  10. あそびのこと

  11. 【学習】トップ3に入るための勉強は、段取り八分!

  12. 支援学校のこと

  13. 誰が黒い羊なのか

  14. 医療専門職の働き方を考える

  15. 人生と犬生?

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。