座るということ

座るというのは”坐骨”が重要です。

座っているときは、坐骨で体重を感じてそこから動きが始まるようにと練習します。

なので、座面はあまりフカフカでは坐骨を感じることが出来ないのである程度の硬さも必要です。

かといって、硬すぎるのもどうでしょう?うーーーん難しい。

なぜ座のクッションにこだわるのでしょう?

第一の理由は痛くなるから!

皆さん想像してください。映画館で映画を見ているときにお尻を何回ずらしますか?

日頃子ども達はそうやってお尻をずらすことが出来ません。

車いすの座面を考えるときにちょっとだけでも思い出してください。

記事一覧

  1. 買い物のこと

  2. 無料Instagram Live配信 アンチエイジング睡眠

  3. なの独り言 プールのこと に~

  4. コロナ禍の中を生きる

  5. 『オンラインの可能性を探る』対談を終えて

  6. 上薗

    自分の経験が邪魔をする

  7. お申込み確定しました!

  8. あなたの座り方は大丈夫?腰に負担の少ない座り方とは

  9. なの独り言 おやくそくえほんのこと

  10. その小さなウソをやめて、堂々と自分らしく生きるために

  11. 人を採用するということ

  12. 支援学校のこと に~

  13. ちょっとのこと

  14. あなたに必要なのは「感覚」です!(その3)-感覚と運動の切っても切れない関係

  15. なの独り言 本のこと

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。