手術のこと

足が固くなってきたので手術の話が出た。
膝が伸びにくくなってきたので手術をします。
など足の手術についてどうでしょうか?と聞かれることがあります。

その子の状態やタイミングなどいろいろとあるので一概にはお答えできません。

ただし、ずっと話しているようにワンパターンでしか動けない、動くことしか知らなかったがために、
なってしまった足の硬さや筋肉の短縮は手術をしただけでは良くなりません。
そのあとが大事です。何をするかというと運動学習の機会を作ることです。練習が必須なのです。

また硬くならないようにとストレッチをする時間があるなら
折角手術をして動かしやすくなっているのだからどんどん新しい運動感覚を入れてあげましょう。

切ったらおしまいと思っている人は子ども達のことをよくわかっていません。

記事一覧

  1. 【重要】心を動かすヒント

  2. 【評価】悪化しているのか?改善しているのか?

  3. 患者さんとの信頼関係は必要か?

  4. シーティング

  5. ひと手間のこと

  6. 牛乳パック椅子のこと

  7. チャレンジのこと

  8. 【最終回前編】一人親支援をしたい

  9. なぜ福祉用具なの?

  10. 対応のこと さんっ

  11. 【タイムマシン】吃音の悪化要因からリハビリを考える

  12. 【ことば遊び】そこに愛はあるのかい

  13. 介助のこと さんっ

  14. 大好きなこと

  15. 呼吸のこと

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。