呼吸のこと

重度のお子さんで「呼吸に問題があります。」といわれても

呼吸の「呼」に問題があるのでしょうか?「吸」に問題があるのでしょうか?

そこが問題で呼吸介助のアプローチが変わってきますね。

子ども達がどんな姿勢になっているかで大体の傾向がわかります。

ラジオ体操で深呼吸の時はどうしていますか?
大きく吸っているときは胸を開いて肩を後ろに引いていませんか?
・・・ということは、吸う時にはそういった姿勢が必要になるのですね。
お子さんの姿勢はどうですか?そうなりにくい姿勢(屈曲位)の時には胸を開いていくこと
「吸うこと」を強調してあげるとらくになるかもしれませんね。

ただしいつも、子どもに合わせてです。
こちらがいくら「子どものため」と思って一生懸命がんばっても
子どもにとっては「余計なお世話」だけでなく「いじめ」になっているかもしれません。

リハビリテーション(先天性の子達は”リ”ではありませんが)は痛いとか、つらいというのは子どもの世界には無いはずです。

記事一覧

  1. 注意が何であるか、誰でも知っているが、説明するのは難しい!

  2. ファミレスのこと

  3. ひと手間のこと

  4. リハビリのこと

  5. 伝えるのこと に~

  6. なの独り言 プールのこと

  7. なの独り言 コミュニケーションのこと

  8. ルーティンにするのこと さんっ

  9. 多くの方が「睡眠について」知らなかったので、開催してよかったです。

  10. 睡眠の専門家

  11. 秋のこと

  12. なの独り言 装具・車いすのこと

  13. 上薗

    行動をコントロールする

  14. 【管理】学習のためのオススメ時間管理!(その1)ポモドーロ・テクニック

  15. 交代勤務は様々な問題を生じる

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。