呼吸のこと

重度のお子さんで「呼吸に問題があります。」といわれても

呼吸の「呼」に問題があるのでしょうか?「吸」に問題があるのでしょうか?

そこが問題で呼吸介助のアプローチが変わってきますね。

子ども達がどんな姿勢になっているかで大体の傾向がわかります。

ラジオ体操で深呼吸の時はどうしていますか?
大きく吸っているときは胸を開いて肩を後ろに引いていませんか?
・・・ということは、吸う時にはそういった姿勢が必要になるのですね。
お子さんの姿勢はどうですか?そうなりにくい姿勢(屈曲位)の時には胸を開いていくこと
「吸うこと」を強調してあげるとらくになるかもしれませんね。

ただしいつも、子どもに合わせてです。
こちらがいくら「子どものため」と思って一生懸命がんばっても
子どもにとっては「余計なお世話」だけでなく「いじめ」になっているかもしれません。

リハビリテーション(先天性の子達は”リ”ではありませんが)は痛いとか、つらいというのは子どもの世界には無いはずです。

記事一覧

  1. 人間、意外に他人を褒めない

  2. あなたは、緩くて、優しくて、柔らかいのがいい!

  3. あなたの座り方は大丈夫?腰に負担の少ない座り方とは

  4. 加齢性難聴と補聴器と私

  5. 手術のこと

  6. 【癒し】自然がリハビリにもたらす効果

  7. 人を採用するということ

  8. なの独り言 小児のこと

  9. シーティング

  10. コロナ禍の中を生きる

  11. 人生と犬生?

  12. 「私」とはどんな人なのか

  13. 支援学校のこと に~

  14. ダイエット眠トレ!!ライブします

  15. 上薗

    行動をコントロールする

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。