【タイムマシン】吃音の悪化要因からリハビリを考える

皆さん、こんにちは

高齢者の方から、パーマはやめろと言われ、角刈りにしたら井上だと気づかれないことが判明した

声とことばのオンライン治療研究所の井上です。

今日のテーマは、吃音の悪化要因からリハビリを考えてみよう

吃音の悪化要因は、Van Riper(ヴァン・ライパー)の考えを知っておくとかなりいいです。

1.どもることに対して罰が加えられた、あるいは過去に罰の記憶がある

2.経験または記憶に残る全てのタイプのフラストレーション

3.不安があるとき。

4.罪の意識。(物事がうまくいかなかったときの責任、原因が自分にあるとする考え方)

5.はけ口の必要な敵意。(罪の意識とは逆)

6.過去の嫌な経験に基づく、場面に対する恐れ

7.話すことに対する心理的圧力の大きな場面

8.過去の嫌な記憶に基づく特定の音や語に対する恐れ

このように述べられてます。

なんか気が付くことはありますかね?

『過去の~』とか『記憶』とか『経験』とかそんな言葉が結構でてきています。

悪化要因なんです。

過去とか記憶とか経験ってなにも吃音症だけの問題ではないです。

失語症だってそう。失語症になって、どんどん記憶が積み重なります。

【伝わらなかった。】

【今日もまた伝わらなかった】

片麻痺の方の歩行でもそうです。どんな動作でもそうです。

記憶が積み重なります。

感情とセットになって。

失敗経験が恐れや不安を生み出します。

予期不安にもつながります。

また失敗するのではないかと・・・

予期不安にも対応する必要があります。

ここはまた今度書きます。

【過去・記憶・経験】

過去をどうやって治療すれば??

記憶は消すことができるのか??

経験については、リハビリで成功体験を増やすことでなんとかできそうだけれども・・・

このことについては、多くの先生と熱い激論を交わしてきました。

まだはっきりとしてないですが、必ず答えはあります。

すべての患者さんに色々な過去は存在しているのだから

以前のブログにも述べていますが、リハビリに影響があるならば対応するべきなのが私の立場です。

もちろん、治すのか、維持するのか。

目的、目標によっても違うので、すべて患者さんに対応することはないことも言っておきます。

過去はなかったことにできない。

でも戻ることはできなくない。

何かしらの方法で。

答えは頭の中にある。

なんか怪しさ満載ですな。

まあ今あるどんな治療も最初は怪しさから生まれたのかもね

『なんか怪しい!!』なんて言って(笑)

今日はこのへんで

Have a nice day!

吃音治療の相談は下記URLで受け付けております。

吃音治療相談(60分) | 声とことばのonline therapy研究所 (base.shop)

申し込む前にメールいただけるとスムーズです。

aozora_abiko@yahoo.co.jp

 

記事一覧

  1. セッ〇スの話を朝8時~

  2. 【極秘】歌手がつけているイヤモニの弊害を考える

  3. 無料から有料まで!ご要望別・インテリアリハビリテーション®の学び方

  4. LINEスタンプおすすめ!

  5. 強迫性障害からリハビリテーションを考える

  6. 超絶疲労回復!Deep Sleep6ポイント

  7. 【挑戦】リハビリ無料化について考える

  8. 患者さんとの信頼関係は必要か?

  9. 上薗

    2-6-2の法則

  10. 睡眠の専門家

  11. 【最終回前編】一人親支援をしたい

  12. 特定の場面で声が出にくいという声の病

  13. えひめセラピスト オンライン講座を企画したワケ

  14. 無料Instagram Live配信 アンチエイジング睡眠

  15. 小児の吃音症の自然治癒の謎

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。