「精神科理学療法を知ってください!」開催しました

2020年9月16日に、「精神科理学療法を知ってください!」を開催しました。

34名の参加者の方にお集まりいただき、何とか初回を無事に終えることができました。

参加者の1名の方から、感想をいただきましたので、ご報告させていただきます。

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

精神疾患の入他院、患者の流れ、現状の対象者とセラピストの必要な人数比率、対象者とのトラブルなど、実際に、勤務している理学療法士の話を聞く機会はなく、非常に貴重な内容で、とても良いWEB研修でした。

この分野を知ったのは、理学療法士協会は数年前から精神科理学療法について発信し始め、elearningを開始したため、自分の見分を広くするためと軽い気持ちから勉強し始めました。

恥ずかしながら理学療法士の私は、精神疾患患者に対する接し方をよく知らない為、避けてしまう傾向があり、深くかかわる事は得意ではありません。

というのも、情報収集の内容や対処法を知らないので関わり方がわからない。また理学療法の養成校では、多くは学べません。

Elearning、書籍、自分の経験の積み重ねでは限界を感じ、まず、精神面の行動変容に関わる内容の勉強をしていたところ、認知行動療法に行きつきました。

そこで学んだことは作業療法士の情報収集の仕方(家族歴、職歴、病識)などについてです。

精神科理学療法を知ってください!の講座。同じ内容の情報収集の仕方をしている事で、大変な安心を覚えました。

身障領域にいても精神疾患の方について、対処方法について学ぶまたとない機会になっています。

かわな病院 理学療法士 木田康之

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

 

至らぬ点もあると思いますが、ご参加いただき、ありがとうございました。

今後はさらに良い研修にできるよう、具体例もどんどん入れながらやっていきたいと思います。

 

次回開催は、こちらです!!

精神科で働こう!

記事一覧

  1. 痛みって何?

  2. 睡眠で生活の質を上げるチャンネル

  3. KIMI式モビバン体操との出会いは?

  4. みんな知らないアロマの力

  5. あなたに必要なのは「感覚」です!(その1)

  6. 腰痛の長期間の改善効果‼️

  7. 医療従事者のスキルアップ①

  8. 人生と犬生?

  9. tm

    自分自身が腰痛の当事者だった過去と「だからこそ」。

  10. KIMI式モビバン体操・オンライン祝開始

  11. ご成約、いただきました

  12. 【管理】学習のためのオススメ時間管理!(その1)ポモドーロ・テクニック

  13. 職員の満足度はどうあげる?

  14. 『オンラインの可能性を探る』対談を終えて

  15. 【ドロップアウト】成功体験の確認作業

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。