介助のこと に~

前回は「介助のこと」でした。その中では「介助」は「練習」ということでした。

うんっ?聞いてない?読んでない?・・・・

あれ?!では下のボタンで。

では続きを・・・・・

「先生は何軒も訪問してきて腰痛にならないのですか?」と聞かれます。

「PTなので腰痛を訴えたらちょっと・・・・」とよく言います。でもなぜ腰痛にならないのでしょう?

多分、前回のように子ども達にやれるところはやってもらうからでしょう。

子ども達の練習は「運動学習してもらう」ことなので、子ども達がやってくれないと困ります。

そのためには子ども達が楽に動ける動き方や効率の良い動き方を提案します。

でもそれほど難しくはないのです。自分たちがどんな風に動いているかを考え、

もしくは夫婦で動き方をお互いに観察して、それを再現すればいいのです。(これが基本です。)

そして子どもの動きを予測して、こういう風に身体を動かしていくにはここを支えよう、ここを助けようとしています。

だから無理なことはしていないのです。

子どもも楽に自分たちも楽に、です。

そういったことを見つけませんか? 気になった方は↓のボタンより覗いてください。

記事一覧

  1. 人生と犬生?

  2. 医療的ケア児の食事指導をしました♪

  3. 「習慣の力」-毎日の行動の40%は習慣!

  4. なの独り言 おもちゃの選択のこと

  5. 世界に歌を届けるプロジェクト!! ST渡邉弘人

  6. 自分をブランディングしよう

  7. 上薗

    2-6-2の法則

  8. 外出自粛やテレワークによる体への影響は…?

  9. 職員を獲得したい時にすること

  10. 自分を変える!

  11. ちょっとのこと に~

  12. なの独り言 小児のことさんっ

  13. コロナ禍の中を生きる

  14. 医療従事者のスキルアップ②

  15. 【社会】「イノベーション」と「リノベーション」(その1)

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。