情報共有のこと

子ども達はたくさんの人と関りあっていますね。

PTだけでも3か所くらいになってしまうのではないでしょうか?
療育センター、通園・学校・通所、訪問・・・・・

さて、それぞれのセラピストはどんな方針で何を目指して、ゴールは何なのか?

一人の子どもにバラバラにかかわってていいのでしょうか?

連携が大事ですという言葉を以前からよく聞きます。

16年前の全国療育研究大会で「顔の見える連携」をしましょう。と発表しました。
6年前の全国義肢装具学会では「顔見知りの連携」をしていくことがこれからは大事ですと発表しました。

情報を共有するためには「あぁ、あの人はこういう人で、こんなことをしている」
「この人はこう言ったらこんなことしてくれる」なんてわかるくらいになったら
スムーズに仕事が進んでしまうんですね。

周りにはそんな人たちが一杯います。
職種が違うと割とすんなりと「顔見知りの連携」がとれます。

一人の子を中心に、その子のためにかかわっているのだから情報交換しながらいい方向に進めていきましょうよ。
ちょっと試していることがあります。

近々オンラインで紹介を検討中です。

記事一覧

  1. ことばとからだと脳

  2. お申込み確定しました!

  3. 人間、意外に他人を褒めない

  4. PT・OTの勉強会に行ったほうがいい。 -ST向け記事ー

  5. ちょっと忙しいんですのこと

  6. 対応のこと にー

  7. なの独り言 おもちゃの選択 に~

  8. えひめセラピスト オンライン講座 講師紹介⑤

  9. なの独り言ダウンちゃんのこと

  10. 強迫性障害からリハビリテーションを考える

  11. 相容れないものと暮らすこと

  12. 【認知】世の中、誤解していることが多い件!

  13. 多くの方が「睡眠について」知らなかったので、開催してよかったです。

  14. みんな知らないアロマの力

  15. えひめセラピスト オンライン講座 #3のプレ講座を開催!

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。