情報共有のこと

子ども達はたくさんの人と関りあっていますね。

PTだけでも3か所くらいになってしまうのではないでしょうか?
療育センター、通園・学校・通所、訪問・・・・・

さて、それぞれのセラピストはどんな方針で何を目指して、ゴールは何なのか?

一人の子どもにバラバラにかかわってていいのでしょうか?

連携が大事ですという言葉を以前からよく聞きます。

16年前の全国療育研究大会で「顔の見える連携」をしましょう。と発表しました。
6年前の全国義肢装具学会では「顔見知りの連携」をしていくことがこれからは大事ですと発表しました。

情報を共有するためには「あぁ、あの人はこういう人で、こんなことをしている」
「この人はこう言ったらこんなことしてくれる」なんてわかるくらいになったら
スムーズに仕事が進んでしまうんですね。

周りにはそんな人たちが一杯います。
職種が違うと割とすんなりと「顔見知りの連携」がとれます。

一人の子を中心に、その子のためにかかわっているのだから情報交換しながらいい方向に進めていきましょうよ。
ちょっと試していることがあります。

近々オンラインで紹介を検討中です。

記事一覧

  1. 上薗

    自分の経験が邪魔をする

  2. 伝えるのこと

  3. 【学習】トップ3に入るための勉強は、段取り八分!

  4. 【解明】日記は書いたほうがいい

  5. なの独り言 本のこと

  6. 【社会】「イノベーション」と「リノベーション」(その1)

  7. 保育所等訪問支援のこと

  8. 柿のこと

  9. シーティング

  10. 人を育てる

  11. 手術のこと

  12. 医療従事者のスキルアップ②

  13. 【管理】学習のためのオススメ時間管理!(その2)ポモドーロ・テクニックの6つのステップ

  14. ONLINE CAREに参加した理由

  15. 支援学校のこと

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。