お仕事のこと

朝早くから道端に立って会社ののぼり旗を持っているダウン症の方を見ました。
少し恥ずかしそうにでもニコニコとして道行く人に会社の宣伝をしています。
もう少し行くと、電動車いすで仕事(?)に行くのかおじさんが急いで横断歩道を渡っていきました。

そんな場面を見ているうちにある人の言葉を思い出しました。

「今の企業は労働力というよりは創意工夫やアイデアを欲しているから色々なことを経験すること・・・・」
これは自身も車いすユーザーの方が企業や大学の講義をするときにいつもする話です。

それとともに、運動、動作では将来を見据えたアプローチを、年齢に応じて変えていくように心がけたいです。

例えば車いすの移乗動作。

しっかりと両足で支えて立って、身体を捻りながら座っていくというのが理想でしょうか?
でも作業所などではどうやってでも一人で降りれるか、後ろから支えていれば突っ張ってでも
自分で立っていられる、など要求される質が変わってきます。(本当はそうでないほうがいいと思いますが。)

子ども達の変わっていく環境も考慮して、柔軟な頭で接していきたいです。

記事一覧

  1. 【ドロップアウト】成功体験の確認作業

  2. 人を採用するということ

  3. 上薗

    行動をコントロールする

  4. 新☆リアルで出会うリハビリ!!

  5. なぜ福祉用具なの?

  6. シーティング

  7. 環境との相互作用を通して学習する

  8. ちょっとのこと

  9. 伝えるのこと

  10. 保育所等訪問支援のこと

  11. 【学習】トップ3に入るための勉強は、段取り八分!

  12. なの独り言 小児のこと に~

  13. ご成約、いただきました

  14. PT・OTの勉強会に行ったほうがいい。 -ST向け記事ー

  15. 【タイムマシン】吃音の悪化要因からリハビリを考える

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。