自分らしい暮らしってどんなだろう?

こんにちは。〝ご自分らしい介護と生活〟を一緒に考える

リハプランいずものケアマネジャー岡村です。

でも〝自分らしい暮らし〟ってどんなでしょう?

改まって自分の事を振り返ってみても、これだ!って

なかなか言いにくいですよね。

理学療法士として病院で勤務していた時

忘れられない方がいます。

転倒され足の骨折で入院・手術された80代後半のとても

小柄な女性の方

寡黙だけど真の強さを感じさせ、かつ上品さを兼ね備えた

(失礼ですが)可愛らしい方でした。

心臓も弱っておられたのですが、リハビリにもしっかり

取り組まれ、もう少しで杖で上手に歩ける様になるぐらい

回復された時、その方が珍しく

「もういいから家に帰ります」と言われました。

病院側としては、まだまだ良くなられるのでもう少し

頑張られませんかとお誘いしましたが、頑として

首を縦には振られませんでした。

息子さんも同意され、少し早めの退院日。

つたい歩きはなんとかお出来になられたので

ベッド周囲やご自宅での移動の確認の為、お部屋に

お邪魔しました。

その方は、ご自分のベッドに座られると

おもむろに枕元の引き出しを開けられ、慣れた手つきで

それはそれは美味しそう〜にタバコを吸われたんです!!

まったく想定外の光景に若い日の

私はビックリしました。

心臓の事ももちろん知っていたので、タバコは

身体にも良くありません。でも

「これがやりたかったにぃ」⇦私の田舎の方言です。

とほっとした満面の笑みで言われ

返す言葉もありませんでした。

それから1ヶ月もしないうちに、その方が別のご病気で

亡くなられたという話をお聞きしました。

ほどなく息子さんに街で偶然お会いし

ご様子をお聞きすると

「好きな様にして家で過ごせたんですから

 あれで良かったと思います」

とハッキリと言われました。

 長生きしてほしい。お母さんのためだから。

 一人で暮らすなんて無理。

良かれと思って、周囲はストップをかけます。

でも、本当に〝自分らしくやりたいことって

誰がどう言ってもやりたい〟こと

出来れば、そのチャレンジを支える側でありたいと

いつもいつも思っています。

続きは、また!!

記事一覧

  1. 生存者バイアス

  2. 目指すセミナーの姿 ~1対他~

  3. 嚥下評価あるある!

  4. 排痰のこと に~

  5. 小冊子プレゼントはじめました

  6. tm

    自分自身が腰痛の当事者だった過去と「だからこそ」。

  7. 交代勤務は様々な問題を生じる

  8. ちょっとのこと に~

  9. 痛みって何?

  10. これからのセラピストビジョン~セラピストとは?~

  11. えひめセラピスト オンライン講座を企画したワケ

  12. タイ国での研修で感じた日本のリハビリテーションにおける課題

  13. 多くの方が「睡眠について」知らなかったので、開催してよかったです。

  14. えひめセラピスト オンライン講座 講師紹介⑤

  15. 【社会】「イノベーション」と「リノベーション」(その1)

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。