乳幼児期にやること 親子向け相談と訪問   naoi

「訓練」の頻度が少ない!

抱っこで突っ張ってしまって大変。

療育センターでの訓練をお家の中で生かすには?

身体がぐにゃぐにゃでお椅子に座れない。

お家の中で何をしたらいいんだろう?

泣きっぱなしでどうしたらいいんだろう。

そういったことで悩んでいませんか?

でも、おうちは訓練室ではありません。

日々生活の中で、
こんな風に子育てをしていけば練習になってしまうんだ!ということを知ってください。

乳幼児期は発達を促すのには大切な時期です。

お母さんと楽しい時間を過ごせば過ごすほど練習になります。

メールやZOOMを使って、おうちでお子さんとお母さんがどんな風に過ごしたらいいかなど
ご相談にのります。
訪問では実際に生活の中でどうしていくかをご提案しますね。

申し込み・お問い合わせは以下より。

【乳幼児期は   】
「乳幼児期」に限らず大事なのは障がいがあろうが無かろうが「子育て」です。
特別なものではありません。確かにちょっと時間がかかったり、コツがあったりするかもしれません。
でも可愛いわが子ですからね。

いつも突っ張ってしまうのは、重力や身体を支えているのが点だったりして
居心地がよくないのかもしれませんね。
反対にぐにゃぐにゃしている子は自分の体を持て余しているのかもしれません。
お母さんのおなかの中を思い出してもらうといいと思います。

いつも泣いちゃうのは後天性の子たちに多いです。
彼らにはちゃんと説明をしてあげると泣き止むことが多いですよ。

そんな風におうちでの時間をゆっくりとそして楽しく過ごせるように
ヒントと実践をお母さんたちと共有しましょう。

また、おうちの中では兄弟がいるかもしれません。一緒にどう遊ぶか。

訓練室で使っている台がないときは手作りなんかも出来るんです。

そんなことも一緒にやってみましょう。

     メニュー                  費用
メールでの相談   一か月相談し放題  3500円
ZOOMを使用した相談   40分  3000円
訪問での練習・提案   一回40分 5000円 (+交通費・関東近郊、応相談)

私が訪問でどんなことをしているか、どんなことを考えているかブログを書いています。
読んでみてください。↓

 
 
 

関連記事

  1. ことばの相談室

  2. 【医療系管理職向け】スタッフの成長を促す面談をしよう

  3. 4か月間使いたい放題【育児休暇中の方向け】復職サポートプログラム

  4. 脳梗塞や脳出血後の片麻痺にたいするセルフメンテナンス

  5. 必勝!採用できるプレゼン

  6. 家族と子供の食事の困った!をすぐに解決 親子でほっと安心する ママとこどもの食カウンセリング(おおたけ ゆりえ)

  7. 言語聴覚士オンライン初回無料相談 ~モニター募集~

  8. 精神疾患があっても身体リハはできる!?

  9. 【親の会】気軽にグチこぼしてみませんか?