病院でうまく伝えられないを橋渡ししたい。 補聴器のことについてもご相談を承ります。

高松奈々恵

理学療法士・臨床検査技師の高松です。

難病(重症筋無力症)・聴覚障害者(6級)の患者でもあります。

病院に行って、

「先生とうまくコミュニケーションが取れなかった」

「検査結果をもらったけど、結局今ってどうなの?」

と思われたことはありませんか?

私は思ったことがあります(笑)

限られた受診時間の中で、何をどのように伝えたらよいかを一緒に考えます。
訪問看護ステーションで訪問リハビリにお伺いすると、
このような悩みを抱えておられる方が多くいらっしゃいました。

また、
「補聴器ってどこのメーカーがいいのかしら?」
「本当に聞こえるようになるの?」
といった疑問にも、ご相談に乗ります。
補聴器をつけることの葛藤も、経験しました。
補聴器についてのご質問もお受けできます。

理学療法士・臨床検査技師の高松です。
難病(重症筋無力症)・聴覚障害者(6級)の患者でもあります。

病院に行って、
「先生とうまくコミュニケーションが取れなかった」
「検査結果をもらったけど、結局今ってどうなの?」
と思われたことはありませんか?

私は思ったことがあります(笑)

限られた受診時間の中で、何をどのように伝えたらよいかを一緒に考えます。
訪問看護ステーションで訪問リハビリにお伺いすると、
このような悩みを抱えておられる方が多くいらっしゃいました。

また、
「補聴器ってどこのメーカーがいいのかしら?」
「本当に聞こえるようになるの?」
といった疑問にも、ご相談に乗ります。
補聴器をつけることの葛藤も、経験しました。
補聴器についてのご質問もお受けできます。

関連記事

  1. 【先着5名】ホームページを5500円で構築します