脳梗塞や脳出血後の片麻痺にたいするセルフメンテナンス

これは、数年前に担当していた方のお話です。

+‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥+

突然発症した脳梗塞、心も体も今までの生活から一変してしまった。

病院では毎日3時間も頑張ったリハビリ。

少しづつ良くなり、なんとか装具をつけて歩けるようになった。

退院して、生活もできている。

リハビリの先生に自主練習を教えもらった。

自分でもかんばるぞと息こんでやっていたのは過去の話

なんとか続いているけど合ってるかわからないし、ちゃんとできているかわからないし効果も実感できない。

最近だんだん、だんだん回数も減ってきてるなぁ

やらないといけないのはわかってるんだけど、少し手が開きにくくなっている気がする。

そんなことを話されたので私は、通常のリハビリに加えて数個の機器を使用したケアを行いました。そうすると

「これだったら家でもできそう!」と話され早速自宅でも試されました。

その後、だんだん家でもできるようになり、手の柔らかさもも少しづつ継続できるようになりました。

+‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥+

セルフメンテナンスの重要性と道具を使用することの効率性を実感することができた瞬間でした。

こんな風に、麻痺している手は何も刺激を入れないとすぐにこわばる上、不快な痛みが出現することがあります。

なので、定期的にメンテナンスすることをお勧めしますが、リハビリの時間だけでは不十分なことも多いです。

かといって自主練習を続けることなかなか難しい。

そう思っている貴方とオンラインでつながることによって、自分でできるセルフメンテナンスを一緒に行い、自主練習の継続と効率性を支援することができます。

機器を使用することもありますが、どれも安価で市販されているモノを使用するためお手軽にできます。もちろんどのメーカーからお金をもらっているわけはありません。まるですぐそばにいるようにセルフメンテナンスを一緒に行うことができます。

menu

方法 zoomを使用したオンライン
時間 40分
値段 5,000円(税込)

まずは、LINE登録して無料相談にご利用ください。

友だち追加

自費の訪問サービスもご利用ください。(京阪神限定)
「脳梗塞リハビリサービス」ウェブサイトはこちら

関連記事

  1. ❝ごっくん❞ アドバイザーのオンラインリハ室

  2. 高次脳機能障害者の会 仲間づくり

  3. 魔法の手で口腔ケア!

  4. 【住宅編】インテリアリハビリテーション®基礎講座(online)

  5. 「起業支援」一人で出来る法人!!

  6. 岡村

    楽しく一眼レフ「カメラかんたん講座」開講します!

  7. ダウン症候群の子たちの練習のヒント 親子向け naooi

  8. 必勝!採用できるプレゼン

  9. 【オンライン】打倒腰痛・肩こり!デスクワーク効率UPセミナー