プログラム報告

モスバーガーでバイトしてました。

シェイクにポテトをつけて食べるのが好きなんですけど・・・

それ言うと、みんなにマジで引かれます。

どうも、眠りの石ガッキーです。

 

本日は私のプログラムである個別相談を受けた方よりです。

個別相談の前に事前にアンケートに答えていただきました。

診察前の問診票みたいなものです。

そうすると・・・・

ストレス、冷え、睡眠不足・・・・・

まさか・・・

生活のことをみていくと、「副腎疲労では・・・??」と私は感じました。

 

みなさんご存知ですか?「副腎疲労」

言葉の通り、副腎が疲労してます。

どんぐりの形みたいな腎臓の上にあります。

どんぐりの傘にあたるようなところです。

副腎はストレスと感じた時に脳から指令がきます。

そして、抗ストレスホルモンというものを出して、ストレスと戦います。

抗ストレスホルモンの1つをコルチゾールといいます。

コルチゾールを出しすぎて、疲れたのが「副腎疲労」です。

 

冷えや睡眠不足、ストレスにステロイドなどが原因ですが

ストレスが最も多く、副腎疲労の人は年々増えているよう感じます。

副腎疲労外来ってものもありますよ!?

 

副腎疲労になると

・朝スッキリ目覚められない

・日中ぼーっとして頭が働かない

・甘いものを欲してしまう

・寝ても疲れがとれない

・カフェインやエナジードリンクに頼ってしまう

・風邪をひきやすい、生理が悪化している

など様々な症状が起きてきます。

「朝目覚めが悪い」という方はホント多いですね。

今回も睡眠のアプリで事前に計測していただいたので、それがよくわかりました。

 

このように私の個別面談では、事前にいくつか確認をして個別面談を行います。

そうすることで、スムーズにより問題解決の提案をしやすいからです。

 

一度ご自身で調べたことがあるといわれていた副腎疲労。

該当する点がいくつもありましたね。

私は医師ではないので診断はできませんが、疑いをお伝えすることはできました。

そして、いくつかできる改善策をお伝えさせていただきました。

実践するかどうかは、いつも個人の判断に任せております。

 

感想では、

相談してみてよかったこと

・波形から読み取れる睡眠の傾向がわかったり

・副腎疲労や栄養についても知ることができたと言っていただけました。

 

またすぐに実践できることとして

・プラスチックの容器に入ったお弁当を食べないことや

・ペットボトルの飲み物を減らすこと

・寝る時間を固定して決めることや

・寝る前にネガティブな考え事しないこと など

「睡眠と関係ないんじゃないの??」と思う方もいるでしょうね。

みなさん知らないところで睡眠の質を下げています。

知らないうちに、脳が学習する機会を失っています。

知らないうちに、翌日の作業効率を下げています。

そして、知らないうちに、不健康になっています。

 

心当たりのある方は、ぜひ睡眠の専門家へご相談ください。

睡眠栄養アドバイザー資格認定講座

3時間で心と体の健康の土台である 「睡眠」について知り 睡眠の質を上げる方法を体得できる認定資格講座です。

睡眠栄養アドバイザーの認定講座は、すぐ使える実践的な睡眠栄養学の基礎講座です。

日程:5月23日(土)19:00~22:00

場所:ZOOMでのオンラインセミナー

人数:5名まで

講師:睡眠栄養指導士協会®本部認定講師 石垣貴康

申込方法:https://ex-pa.jp/item/26425/s58655

<このような方にオススメ>

□不眠で困っている方を助けたい

□睡眠について、知りたい勉強したい

□睡眠を武器に、他の人と差別化したい

□仕事での肩書を持ち、より信頼を得たい

□自己成長、健康のために受講したい

□具体的な睡眠のアドバイスを知りたい

□睡眠資格を取得し、その後のフォローもほしい

記事一覧

  1. 片づけ対談を配信しました~オンラインの可能性を探る

  2. 科学的根拠って何?

  3. 画家、陶芸家、音楽家として患者さまの未来を創造する!

  4. ONLINE CAREに参加した理由

  5. その小さなウソをやめて、堂々と自分らしく生きるために

  6. 「習慣の力」-毎日の行動の40%は習慣!

  7. なの独り言 睡眠のこと

  8. なの独り言 小児のこと

  9. ライブ配信とセミナーの違いについて

  10. tm

    自分自身が腰痛の当事者だった過去と「だからこそ」。

  11. 人と人との出会い

  12. 相手に期待をする、ということ

  13. インテリアリハビリテーション®って何?

  14. 五感以外の感覚 ーST渡邉弘人ー

  15. 連携ノートのこと