ひと手間のこと

以前、発達障害児の療育についての特集がテレビでありました。

なかなか遊びからお片付けに切り替えができない子がいました。

朝、その日のスケジュールを白板に書き、本人と確認し遊びに出かけます。

結果、時間とやることがリンクし切り替えがスムーズにでき、

毎日大騒ぎになっていたことが解決してスムーズに進んでいきました。

確かに、障害のある子たちに関わるときにこの「ひと手間」がしんどかったり

ふた手間、み手間となるかもしれません。でもそれが発達を促すお手伝いになっているんですね。

「意識改革」を私たちがしないとですね。

記事一覧

  1. 特定の場面で声が出にくいという声の病

  2. えひめセラピスト オンライン講座 講師紹介④

  3. 【管理】授業のための「ポモドーロ大作戦」

  4. はじまりは 「HY」

  5. ご成約、いただきました

  6. 人と人との出会い

  7. コロナ禍の中を生きる

  8. 「ゆっくり!やさしく!やわらかく!」

  9. 嚥下評価あるあるその2!

  10. 交代勤務は様々な問題を生じる

  11. 対応のこと にー

  12. 子供の学びと睡眠

  13. 加齢性難聴と補聴器と私

  14. セッ〇スの話を朝8時~

  15. 対応のこと さんっ

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。