股関節のこと

今日は股関節脱臼のことです。

脳性まひの子たちで股関節の亜脱臼、脱臼という言葉はよく聞かれます。

まずは一般的な股関節のでき方についてです。

赤ちゃんの股関節は屋根がしっかりとできていません。

徐々に体重がかかってしっかりと、がっちりとした股関節になっていきます。

しかし、脳性まひの子たちで四つ這いや立つことが出来ずに、

体重をかけてこれないと屋根ができず、

さらに股関節の内転筋の緊張が高いと股関節が外に引っ張られて

これもしっかりとした股関節になりません。

全部がそうではありませんが、小さいころから徐々に出来たものなのです。

だから、ワンパターンではない運動学習が必要なのです。

記事一覧

  1. 咀嚼と睡眠

  2. tm

    自分自身が腰痛の当事者だった過去と「だからこそ」。

  3. 柿のこと

  4. 豊かな(social, enriched)環境が脳の成長を促す!

  5. シーティング

  6. 小児の吃音症の自然治癒の謎

  7. モノに人を合わせるのではなく、人にモノを合わせる

  8. 壊れた窓から何が見えるか

  9. 睡眠の専門家

  10. 【学習方法】短時間で学習効果を上げる勉強方法

  11. 「私」とはどんな人なのか

  12. 【管理】学習のためのオススメ時間管理!(その1)ポモドーロ・テクニック

  13. ルーティンにするのこと さんっ

  14. 外出自粛やテレワークによる体への影響は…?

  15. デブ&脳卒中&寝不足

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。