2021支援学校での初仕事のこと

新年になりました。

支援学校も始まっています。

大体の支援学校は二期制なので(だと思います。)

フワーっと始まっています。

生徒たちは短い冬休みでもちょっと体力低下があるようですが

休み前と同じように自立活動が進んでいます。

学校では「緊急事態宣言」を受け

自活室に入る前に消毒を一回一回することになりました。

昼間に活動する場面が、学生時代はちょくちょく中断されます。

長期のお休みですね。

いつもは昼間にしっかりと活動しているので帰宅後はがっくりと疲れています。

疲れているところで訪問での練習は子ども達に負担です。生活上困っていなければ

動くことは学校にお任せして、訪問では長期のお休みの期間をフォローする感じで

チームで支えていけたらいいと思います。

私たちがそう思っていても利用者さん達が理解されていないとうまく進みません。

利用者さん達も含めてチームとなりたいです。

そんなことも含めながら1月31日 13:00より オンライン臨床研究大会で登壇します。

記事一覧

  1. ちょっとのこと に~

  2. ひと手間のこと

  3. 患者さんとの信頼関係は必要か?

  4. 新☆リアルで出会うリハビリ!!

  5. 手抜きのこと

  6. 福山型筋ジストロフィーのこと

  7. 股関節のこと

  8. 連携ノートのこと

  9. 呼吸のこと

  10. 登壇の思い出とこれからの決意~TEDxFukuoka2015

  11. 座るということ

  12. リモートのこと

  13. 保育所等訪問支援のこと

  14. 吃音症は治るのか?

  15. 荷物等の正しい運び方の教育とコルセット等は腰痛の予防に本当に効果がある?

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。