手のひらサイズの幸せ

いつもブログを見ていただきありがとうございます。理学療法士&脚本心理士のまっさんです。

人生はワンチャンス! ―「仕事」も「遊び」も楽しくなる65の方法Amazon(アマゾン)1〜6,218円

こちらの本から多くの刺激をいただき、本にある内容から私の考えまでをブログに書かせていただいております。ちなみにこちらの本は全てのページを切り離すことができ、いつも目につくところに貼ったり・持ち歩いたり・誰かにあげたりいろんな活用方法があるみたいなのでお勧めですよ(笑)

はい!今回のテーマに移ります!!

【 手のひらサイズの幸せ 】

マーガレット・サッチャー曰く

マーガレットさんって誰?そうなりますよね!(笑)

イギリス初の女性首相で徹底した政策で経済を復興させたお方です。不屈の信念の持ち主であり「鉄の女」として呼ばれていたそうです。めっちゃ怖そうなイメージを勝手に想像してしまいますが、実はこの方国の予算を決める大事な会議の途中に夫の朝食のベーコンを買い忘れたと突然言い放ち

周りをポカーン…( ゚д゚)…

とさせて、代わりに買い物に行こうとする秘書を止めて会議中にも関わらず国の予算書を片手に夫のために朝のベーコンを買いに行ったそうです。

この方の面白いエピソードは本も読んでいただきたいのでこの辺りまでにしますが、彼女は本当に優しい方!愛情深い方だっことが良くわかりました!!

そうやって、まずは身近な人を大切に出来ていたため、政治家として国民を幸せに導くことが出来たのかもしれません。

 

あなたたちはもっと身近なことからはじめたらどうかしら?

(マザーテレサ)

最近マザーテレサの言葉が身に染みることが多いですね。

彼女はカトリックの修道女で「神の愛の宣教者会」を創立者になります。現代でこのような会が作ってしまうと怪しさ満点!

宗教チックで洗脳でもされるんじゃないかな?そう思ってしまいそうですが宗教=洗脳も実は単なる思い込みです。

その思い込みから人は行動して行動が習慣を作り、習慣が性格を作り性格が運命(人生)を作る。

そのため、一歩間違えば【宗教=洗脳】確かに全てが間違いでもないかもしれませんが、良い選択ができれば素晴らしい人生が待っているかもしれません!

そして、その人生は自分の思い込み一つで手繰り寄せることが出来る!

何事も良い面があれば必ず悪い面もあります。そのような人生を自分で選択して自分の人生を自分の足で歩いていく。

幸せを感じ、幸せな人生にしたいのであれば、まずは身近な人に幸せを配ってみてはいかがでしょうか?

いつも料理をしてくれる人がいれば、その人に感謝の気持ちを伝えてみるのもいいですし、毎日頑張って働いている人がそばにいれば、その人に尊敬の気持ちを伝えてみるのもいいかもしれません。

いつももらっている立場の人は与える立場になってみませんか?視点が変わるとたくさんのことが見えるようになってきます!

まずは手のひらサイズの幸せを配る!それが習慣化されると性格が変わり、周りの集まってくる人が変わりそれが人生を変えるきっかけになります。

ご興味がある方がおられたら、そのようなサポートさせていただいております。

【 PS 】

まっさんに直接相談できる「本気で問題解決したい方専用」公式LINEが出来ました。 

やりたいことがみつからないあなたへ。楽だけど、どこか苦しいその人生を卒業して自分らしく楽しい人生を!うつ病を経験して職場を転々。本気で向き合った90日でうつ病を克服したカウンセラーと新しい人生のスタートラインまで一緒に歩みませんか?

本気で変わりたい!人生を変えたい!と思っている人がいましたら全力であなたをサポートさせていただきます。

自分を変えるのは今のあなたです。ぜひ自分を救うように行動してみてください。

ご質問、ご感想、お待ちしています

 この機会にご登録ください!(^^)!

友だち追加はこちらから

記事一覧

  1. 人生のスタートラインに立てていますか?

  2. 職員の満足度はどうあげる?

  3. 正しい情報こそ腰痛の改善の鍵‼️

  4. あなたに必要なのは「感覚」です!(その2)-徹底的に「感覚」にこだわります!

  5. 人を採用するということ

  6. 嚥下評価あるある!

  7. ONLINE CAREに参加した理由

  8. 痛みって何?

  9. ダイエット眠トレ!!ライブします

  10. 職員を獲得したい時にすること

  11. 生存者バイアス

  12. 【学習方法】短時間で学習効果を上げる勉強方法

  13. 注意が何であるか、誰でも知っているが、説明するのは難しい!

  14. こどもの運動神経の正体とは?

  15. KIMI式モビバン体操・オンライン祝開始

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。