あなたは楽な姿勢で良い。

tm

世界の中でも、

痛みの権威であるオーストラリアの理学療法士 Peter O’Sullivanさんが

精度の高い研究結果を集めた情報を医学雑誌に掲載した。

「腰痛と姿勢の悪さは関係ない」と。

もし負担で腰が痛いなら、お相撲さん全員が腰が痛いことになりませんか?

腰痛の改善の為に正しい姿勢を追うことはもう止めにしませんか?

それを追うことそのものが腰痛を生じさせることに繋がるのではないでしょうか?

それより、適度に動く方がよっぽど良いです。

研究結果をまとめた情報のメッセージを一部記載します。

  1. 1つの「正しい」姿勢は存在しない 一般的な姿勢の信念にもかかわらず、1つの最適な姿勢が存在したり、「正しくない」姿勢を避けることが腰痛を予防するという強い証拠はありません。
  2. 姿勢のズレは日常茶飯事です。脊椎の湾曲には自然なばらつきがあり、脊椎の湾曲が痛みと強く関係しているということはありません。
  3. より快適な姿勢を採用しても安全である。快適な姿勢には個人差があります。避けがちな姿勢も含めて様々な姿勢を探り、習慣的な姿勢を変えることで症状の緩和が期待できます。
  4. 背骨は丈夫で信頼できる 。脊椎は、様々な姿勢で安全に移動したり、荷重をかけたりすることができる丈夫で適応性のある構造物です。背骨を保護するための一般的な警告は必要なく、恐怖心につながることがあります。
  5. 座ることは危険ではありません。一つの姿勢で30分以上座り続けることは危険ではありませんし、常に避けるべきでもありません。しかし、体を動かしたり、体位を変えたりすることは有効であり、体を動かすことは健康のために重要である。
  6. 特定の姿勢を採用したり、体幹を固定するようなアドバイスは、エビデンスに基づいていません。

引用・参考

https://www.researchgate.net/publication/334846053_Sit_Up_Straight_Time_to_Re-evaluate

<腰痛に悩むあなたへ>

「あなたの腰痛を克服できるようにサポートします。」

「Support your Back Pain」

御相談の際は、①か②からお気軽にご相談下さい。

①メール

back.pain.cafe@gmail.com

 

②LINE 公式アカウント(クリックをして下さい)

記事一覧

  1. 痛みって何?

  2. 科学的根拠って何?

  3. 腰痛は増えている‼️

  4. 認知症予防訓練動画Youtube投稿 ST渡邉弘人

  5. みんな知らないアロマの力

  6. Facebook Live表&裏します!!

  7. 咀嚼と睡眠

  8. 知ってるようで知らない”話しことば”  ST渡邉弘人

  9. 6月13日20時~インスタライブ

  10. 小冊子プレゼントはじめました

  11. 五感以外の感覚 ーST渡邉弘人ー

  12. ONLINE CAREに参加した理由

  13. 正しい情報こそ腰痛の改善の鍵‼️

  14. ミャンマーの患者さんとオンラインリハ ST渡邉弘人

  15. 睡眠の専門家

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。