・腰痛が起こった時の最初のチェック項目 

どうも、Back Pain Physioです。

このブログではあなたに腰痛が起こった時に最初にチェックして欲しいことを記載させて頂きます。これは海外のヨーロッパガイドラインとアメリカのガイドラインを合わせたものを記載しています。

このリストに該当するものが1つでもあれば、必ず重大な病気があるわけではありません。しかし命に関わる病気がないことを確かめるために、整形外科を受診して、画像検査と血液検査を受けられることを私はお勧めします。

<腰痛時における重大な病気を疑わせる症状>

□20歳未満、55歳以上
□最近の激しい外傷の既往
□一定の進行性の非機械的痛み(安静で軽減なし)
□胸痛
□過去の悪性腫瘍の病歴(癌の病歴)
□ステロイドの長期使用
□薬物乱用、免疫抑制、HIV
□全身的に気分が悪い
□原因不明の体重減少
□尿閉、頻尿、尿失禁、便失禁
□下肢の神経痛・しびれなどの感覚障害
□下肢の運動麻痺
□肛門や会陰部の感覚消失
□構造変形
□熱

<引用>

ヨーロッパガイドラインhttps://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC3454540/pdf/586_2006_Article_1071.pdf

アメリカガイドライン
https://www.chirobase.org/07Strategy/AHCPR/clinicians.pdf

 

< P S>

因みに私が腰椎椎間板ヘルニアの緊急手術になった時は、

下記のチェックがついていました。

☑️一定の進行性の非機械的痛み(安静で軽減なし)

☑️尿閉

☑️下肢の神経痛・しびれなどの感覚障害

☑️下肢の運動麻痺

この記事を転載・転記することは固くお断り致します。

御相談の際は、①か②からお気軽にご相談下さい。

①メール

back.pain.cafe@gmail.com

 

②LINE 公式アカウント(クリックをして下さい)

 

記事一覧

  1. 人間、意外に他人を褒めない

  2. 柿のこと

  3. 【極秘】歌手がつけているイヤモニの弊害を考える

  4. REHABxEducationsのこころ-学生教育①:患者さまを改善・回復させるセラピストを育てる

  5. 壊れた窓から何が見えるか

  6. はじめまして!こっしーです!

  7. KIMI式モビバン体操・オンライン祝開始

  8. なの独り言 睡眠のこと

  9. インテリアリハビリテーション®って何?

  10. 交代勤務は様々な問題を生じる

  11. 呼吸のこと

  12. 連携ノートのこと

  13. 失語症

  14. チャレンジのこと

  15. 睡眠の専門家

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。