睡眠の専門家

寝不足がどのような問題を起こすか?
それを多くの人は知らない。
睡眠が原因だということも知らない。
将来病気のリスクを上げていることも知らない。
それはいずれ大きなツケを払うことになる。

<睡眠に問題あり>
□寝るのに5分かからない
□朝起きるのが辛い
□午後の睡魔がヒドい
□夕方うたた寝する
□夜中目が覚める

何よりも怖いのは
睡眠不足が習慣化になると
能力が低下しているのに
「気付かない」ということ。

標準が「低いまま」が
普通の状態になってしまうといういことだ。

日本人は睡眠時間を削って働き、
過労死という英語に直訳できない言葉まで生み出している。
「生産性をあげるなら労働時間を延ばす」
そんな企業文化が今も残る。
その結果睡眠時間は削れ、
生産性が大きく下がるという結末になる。

生産性が下がれば
もちろん残業になり、
残業はプライベート時間を削り
さらに睡眠時間を削る。

それは命を削ることになる。

仕事の生産性は上がらず、
様々な病気のリスクを上げている。

1日にわずか1~2時間の
睡眠時間が削れても
問題ないと思っている人が多い。

しかし、2時間削るだけで
交感神経の活動が活性化し
心臓の収縮率を上げる。
それは、血圧の上昇となる。

6時間未満の睡眠は
体重増加のリスクを7.5倍にする
そんなデータも発表されている。

睡眠不足でのダイエットは
脂肪を減らさずに筋肉が減る。
そして基礎代謝が下がる。

これはリハビリ場面で
筋肉をつけようと思っても
つきづらい状態ということだ。

運動する
食事をするだけではいけない。
睡眠も管理する必要がある。

食事や運動と違って
目に見えない、夜起きていること
だから軽視されがちだが
その積み重ねは
様々な大きなリスクへつながる。

怪我や事故の発生率を上げ
認知症、癌やうつ病、血管系の病気への
リスクは大きく上がる。
肥満、老化にもなりやすい。

学習効果をだせないので
記憶が定着せず
リハビリ結果を上げづらくなる。

リハビリするなら
睡眠、栄養、運動の
3つの柱は必須である。

☑睡眠で翌日のパフォーマンスをあげたい
☑健康的で将来のツケをためない睡眠を知りたい
☑リハビリ効果をより高めたい
☑良質な睡眠について相談したい、聞きたい
☑睡眠が大事だと知らなかった

そのような方は動画や相談を用意しております。

↓お気軽にご利用ください↓

一般の方向けにYoutubeで動画を
配信しています。

また専門職の方向けに
「睡眠栄養アドバイザー資格講座」
を開講しています。
3時間で取得できる一般社団法人睡眠栄養指導士協会の資格です。
興味ある方はご連絡ください。

睡眠の個別相談も完全予約制で
受け付けております。

記事一覧

  1. 職員を獲得したい時にすること

  2. あなたに必要なのは「感覚」です!(その1)

  3. 五感以外の感覚 ーST渡邉弘人ー

  4. 子供の学びと睡眠

  5. 車いすドライブのこと

  6. ERのこと

  7. 知っているようで知らない”話しことば②” ST渡邉弘人

  8. 自分らしい暮らしってどんなだろう?

  9. ポジショニング?シーティング?

  10. 福山型筋ジストロフィーのこと

  11. 上薗

    何のために働くのか

  12. 職員の満足度はどうあげる?

  13. あなたの座り方は大丈夫?腰に負担の少ない座り方とは

  14. LINEスタンプおすすめ!

  15. ちょっとのこと

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。