あなたの世代でかかりやすい疾病は?

あなたの世代でかかりやすい疾病は?

皆さんこんにちは(^^ 働き手世代の健康パートナーの潟山です。
今回は現役世代の

健康づくり!と一言でまとめられたりしますが、実は各世代ごとに大まかな「なりやすい疾患」というものは存在します。

急に病気になる・元々そういった要素を持っていたということもありますが、生活習慣がその発症を後押しすることもあります。
こうしたデータを見て、自分の健康や生活習慣を見つめなおすきっかけになればと思います。

※本記事はあくまで「予防」という観点から記載していますので、治療フェーズの方はきちんと専門医の診断・治療方針に沿った治療を受けられてくださいね。

では早速見ていきましょう!

(※参考・引用は 大樹生命HP厚労省患者調査より)

1:20~30代

画像1

20代~30代での入院受療率の高い疾患ベスト3
①統合失調症

20代の頃は健康がどうかなんて考えずに、仕事に遊びに没頭している時期なのですがこの年代でも入院して治療を受ける必要がある病気を罹患することがあります。

20代ではメンタルヘルスに関する病気が多い。

神経系の疾患は躁鬱病などが含まれているそうです。統合失調症も精神系の疾患ですね。

精神系の疾患はこの統計ではかなり多く反映されていますが、他の統計では50・60代になれば減少してくると報告しているものもあります。
こうしたデータからも、20~30代では多様な経験や新しい環境で揉まれたりするでしょう。

特に統合失調症は100人に1人程度。なんと喘息とそれほど変わらないぐらいの発症率のため、それほど珍しい病気というわけでもありません。

発症の原因ははっきりしていませんが、元々持っている素因が、複数のストレスを引き金に発症すると考えられています。

画像4

参考・引用:統合失調症ナビ

うつ病に関しても、ある研究結果では15人に1人が生涯で一度はうつになると報告されています。

うつ病も環境的な要因やストレスが発症の引き金になると言われています。

画像5

(引用:こころの陽だまり

そのため、発症の引き金となるような心理的ストレスを安らげるような習慣を持つことが重要です。

例えば

・運動習慣:有酸素運動・筋トレ
・マインドフルネス・ヨガ
・没頭できる趣味を持つ
・相談できる仲間を持つ

などを生活に取り入れることで、自分の健康の基礎作りを行っていく必要があると言えますね。

特にうつ病の「予防」に関わる研究では、

運動・フィットネスによって、中程度に有意な臨床効果があることが示されている。長期効果としてもある程度の有意差が維持される

という報告があります。(引用元:https://www.rieti.go.jp/jp/publications/pdp/14p001.pdf)

脳も体の一部!運動によってメンタル的な要因も整えていきましょう(^^

2:40~50代

画像2

どの疾病も年代を増すごとに増えていくのが分かります。特に気になるのは、

・三大疾病(ガン・心臓病・脳卒中)の増加
・骨折など運動器系疾患の増加
・内科系疾患では入院はしていないため増えない?

心臓病や脳卒中に関しては、病発症の基盤に高血圧・糖尿病・高脂血症などを持っている方が多いのですがそこはあまり増えていません。

高血圧などは単独では入院する原因になりにくいため、あまり増えていないように思われますが、原因の基盤として存在していることが示唆されます。

日本では成人病や生活習慣病というくくりで、厚生労働省が下記のようなイメージ画像を出していますね。

画像3

…なにか微妙な気分になる図ですが、レベル4・5といった進んだ先に脳卒中や心臓病が書かれています。

そこから上流にいくとメタボや高血圧・糖尿病などよく聞く疾患が書いてあります。

これらを予防するにはより上流にある

身体の活動不足改善=運動習慣を付けること
食生活の改善
禁煙・禁酒(もしくは減酒)
ストレスコントロール

が重要です。。。。

と書くと、かなり教科書的で面白みがないですよね~と自分でも思います(^-^;

みんなわかっちゃいるけど、、という部分だと思います。しかしこうして統計情報をみると具体的なイメージが湧いてくると思います。

この記事を見て、なにか一つでもあなたの習慣が変わるとうれしいです。

最後までお読みいただきありがとうございました。

記事一覧

  1. 【タイムマシン】吃音の悪化要因からリハビリを考える

  2. 強迫性障害からリハビリテーションを考える

  3. 思考の癖を見つける

  4. 自分らしい暮らしってどんなだろう?

  5. 講座開催!

  6. えひめセラピスト オンライン講座 講師紹介④

  7. コロナと知性化

  8. 上薗

    自分の経験が邪魔をする

  9. 超絶疲労回復!Deep Sleep6ポイント

  10. 『オンラインの可能性を探る』対談を終えて

  11. 人を採用するということ

  12. えひめセラピスト オンライン講座 講師紹介①

  13. 多くの方が「睡眠について」知らなかったので、開催してよかったです。

  14. 生存者バイアス

  15. 日本らしい居心地の良い施設を目指したい

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。


Warning: file_get_contents(index.php): failed to open stream: No such file or directory in /home/kenchiro/onlinecare.jp/public_html/wp-includes/plugin.php on line 437

Warning: file_get_contents(index.php): failed to open stream: No such file or directory in /home/kenchiro/onlinecare.jp/public_html/wp-includes/plugin.php on line 437

Warning: file_get_contents(index.php): failed to open stream: No such file or directory in /home/kenchiro/onlinecare.jp/public_html/wp-includes/plugin.php on line 437

Warning: file_get_contents(index.php): failed to open stream: No such file or directory in /home/kenchiro/onlinecare.jp/public_html/wp-includes/plugin.php on line 437

Warning: file_get_contents(index.php): failed to open stream: No such file or directory in /home/kenchiro/onlinecare.jp/public_html/wp-includes/plugin.php on line 437